MY CART

写真家・若木信吾が3年かけて取材した初のインタビュー集。

仲條正義、長島友里枝、吉岡剛造、松浦弥太郎、西川美和、アピチャッポン・ウィーラセタクン、タル・ ベーラ、クリスチャン・マークレー、台湾先住民出身のミュージシャン、リトアニア初代国家元首、ボル ヘス財団理事長、古書・家具店主、舞踏家…。「同じクリエイターとして、何が彼らの原動力となっている かその秘密が知りたかった」という作者目線が引き出した「ものづくりの本質」が、著者独自の写真と文章で展開されます。

〈…人と関わって新しいことが発見できれば未来が訪れる。それが希望だと思う。だから僕はいつでも希 望をくれる人に会いたいと思っている。〉本書エッセイより。

○著者:若木信吾
○サイズ:W19 x D12.8 x H2.2 cm
○発行年月日:2013年6月22日
○出版社:日本経済新聞出版社

*申し訳ございません。当商品は現在品切れ中です。

現時点では再入荷予定はございませんのでご了承ください。

送料は80サイズ (3辺計:80cm迄)=全国一律800円で計算されますが、100サイズ(3辺計:100cm迄/重量:30kg迄)以上の場合はご購入手続き後にスタッフから正式な送料をご連絡致します。詳しくはこちら

若木信吾(写真家・映画監督)
1971年静岡県浜松市生まれ。ニューヨーク・ロチェスター工科大学写真学科卒業後、 雑誌・広告や音楽媒体など幅広い分野で活躍。自身の祖父を撮り続けた代表作の写真集「Takuji」が、国内外で高い評価を受ける傍ら、雑誌 「youngtreepress」の編集発行、映画「星影のワルツ」の制作、エッセイの執筆など、活動の場を広げている。2010年に故郷の浜松市に書店 「BOOKS AND PRINTS」をオープン。15年間撮り続けた幼なじみ「英ちゃん 弘ちゃん」の新作写真集をクラウドファンド(IMA FANd!)で支援者を募る新しい出版のスタイルで刊行。映画監督として第三作目の映画『白河夜船』を手掛ける。

EDIT LIFE NEWS

メールサンプル

EDIT LIFE のイベント参加先行予約やおすすめの商品情報を
週に1回程度、メールで配信しています。
購読をご希望の方はこちらから登録をお願いいたします。

お名前

メールアドレス