MY CART

立秋も過ぎ、暑さのピークを越えたと言えど、まだまだ暑さの残るこの頃。
そんなときは夏の果実がたくさん入った自家製サングリアはいかがでしょうか?

サングリアは、スペインを代表するワインベースのカクテル。
ワインにたくさんの果実を漬け込んで、自然な香りと甘みを引き出したこのカクテルは、スペインの大衆酒場“バル”ではもちろん、家庭でも自家製サングリアを漬け込んで、食事とともに日常的に飲まれています。

日本でも夏になると、居酒屋やバルでも見かけますが、ワインとお好みの果物があればおうちで簡単に自家製サングリアが作れちゃうんです。
今日は、簡単おいしい!サングリアのレシピをお届けします!
特に夏らしい果物を揃えてみました。

【用意するもの】
■赤ワイン(750ml)1本
■お好みの果物
今回は、
■オレンジ 3個
■バナナ 1本
■パイナップル 1個
■パッションフルーツ 3個
■砂糖 大さじ3
■お好みでシナモンやクローブなどのハーブ


①果物を一口サイズに切る。
オレンジは皮と白い部分を取り除き、くし切りに。
バナナは皮をむいて輪切りに。
パイナップルは皮をむいて一口サイズに。
パッションフルーツは横半分に切って、種と実を使います。

②瓶に果物を入れます。少し飾り用に取っておくといいですね。

③ワインを注ぎ、砂糖、お好みでハーブ類を入れてマドラーでかき混ぜます。

④半日~3日間冷蔵庫で寝かせれば完成!

今回はバナナ入りとバナナなしの二種類で2日間寝かせました。

気になるお味はというと、
バナナ入りの方は、果物の甘さが出ていてまるでジュースのようでした。
少しもったりとした口当たりなので、ソーダで割るのがおすすめ。
バナナなしの方は、パッションフルーツの酸味が効いていて、これぞ夏のトロピカルサングリア!
キンキンに冷やしてそのまま飲むのがおすすめ。

簡単に仕込むことが出来るので、夜寝る前に仕込んでホームパーティーで飲んだり、朝仕込んで夜にホッと一息ついたり……。
果物とワインがあれば贅沢な家呑みが再現できちゃいます。

今回は〈松野屋〉のイラン手吹き足付グラスを使用しました。
お気に入りのグラスにサングリアを注いで、特別な夜を過ごしましょう!

◎毎日更新◎
FACEBOOK、instagramやってます!
入荷情報や、EDIT LIFEの裏側も見えちゃうかも?
フォローお願いします。
FACEBOOK
https://www.facebook.com/editlife.pavlov?ref=bookmarks
instagram
https://instagram.com/editlifetokyo/

EDIT LIFE NEWS

メールサンプル

EDIT LIFE のイベント参加先行予約やおすすめの商品情報を
週に1回程度、メールで配信しています。
購読をご希望の方はこちらから登録をお願いいたします。

お名前

メールアドレス