MY CART

いよいよ明日、11月7日(土)から、『楽食住』展が始まります。今回の連載『福田春美のモノ・ヒト・タビ』では、取り扱いアイテムのラインナップと、新しく買い付けた陶芸家・天祐輔さんの作品について紹介します!


去年、EDIT LIFEがオープンしたときに、自分たちらしく編集した、EDIT LIFEでしかできない展示がしたいな……と思いついたのが、この『楽食住』展。

【楽】は、生活を楽しく(楽じゃないこともあるけどね!)の【楽】。【食】は、食べることは生きること。食の大事さと楽しさを食材やこだわりの加工品、道具で伝えたいという想いから。【住】は、住むこと、自分が居る空間の大切さを伝えたい……、そんな気持ちでこの展示を『楽食住』と名付けました。

2回目となる今回は、いつもの『福田商店』をベースに、特集を組んでいくような感覚で取り組んでいます。

ラインナップは……
私が大好きで日常的に使っている角田淳さんの器たち。

角田淳_ブランド画像

谷中・松野屋の和道具。

松野屋_ブランド画像

そのほか、白雪ふきんや高田耕造商店のたわし、アクシスの瓶や琺瑯、Lueの真鍮のカトラリー、山口工房のキッチンツール、こだわりの調味料などを取り扱います。

今回の『楽食住』のために、熊本、宮崎、大分、福岡など、車を走らせて色々な場所に行きました。

その中で今回の『楽食住』のために新しく買い付けたのが、奇才だな……と思った若手の陶芸家・天祐輔さんの作品。博多で出会った方に紹介されて、旅の途中で、連絡させていただいてお伺いしました。

hc_ten_02

スタンダードな器も素敵だったのですが、特に気になったのが、今、天さんが作り出しているカラフルで独特な存在のあるこのシリーズ。他で見たことがない……。

なので、色々質問をしてみました。

Q.陶芸を始めた時期ときっかけは?

天祐輔さん:1997年の4月からで、僕が18歳のときです。小学校2年のときにカズヤ君という転校生がクラスにやってきました。次第に仲良くなり、お互いの家にも遊びに行くようになったんですが、カズヤ君の家は山奥にあり、庭には孔雀やシェパード、室内にはヘンテコなオブジェやお皿、大きな絵画と、面白いものがたくさんありました。実はカズヤ君のお父さんは陶芸家で、これが、僕が初めてアート作品や手づくりの陶器に出会った瞬間でした。高校生の頃には僕も陶芸をやってみたいと思うようになっていて、進路相談でカズヤ君のお父さんを訪ねました。そうしたら、「少し俺のところでやってみるか?」と言う話をいただき、高校卒業と同時にカズヤ君のお父さんこと横尾純氏の弟子となり作陶を開始することになりました。

hc_ten_05

Q.カラフルな器を作り出したのはいつ頃からですか?

天祐輔さん:カラフルな色を使った器を初めて作ったのは10年前くらいなんですが、不評な意見の方が多くて。なんだか恥ずかしくなって、作らなくなりました。でも最近、やっぱりまた作りたくなって……。

Q.作陶しているとき、作品とはどう向き合われていますか?

天祐輔さん:器を作って行くなかで、土がとても良い表情を見せる場面があるので(たとえば今回の作品で言うと口縁のガタガタ具合などですかね〜)、その表情をなるべく消さないように心掛けてます。僕自身も土に「どんな色になりたいの?」と問いかけたり、「こうなってくれよ~」と要望を押し付けたりと、土とセッションしながら、楽しみながら作ってます! 土も人間ものびのびとしてる方が良いですもんね。

hc_ten_08

今後について聞いてみると、「今よりもっと時間と情熱を注いで、誰も目にしたことがないような面白いものをたくさん作り出せるようになりたいです。ヘンテコな器でも『この器に料理を盛るとどうなるんだろう』と好奇心をそそるようなものを作っていきたいですね」と話してくれました。

で、今回、EDIT LIFEに入ってくるのはこのあたり。
今後の活躍が楽しみな作家さんのひとりです。

hc_tensansakuhin


『楽食住』展は11月7日(土)からスタート! 天さんの器は、オープンと同時に店頭に並ぶ予定です。お楽しみに。

BACK NUMBER:

vol.1 憧れのフレッシュバターメーカー
vol.2 短時間でコクを出す、夏のカレーレシピ
vol.3 高千穂で出会ったパワースポット
vol.4  萩原卓さん、久子さんご夫妻を訪ねて藤枝に
vol.5  愛用している道具を集めた「福田商店」
vol.6  岡本敬子さんと行く鹿児島旅 [その1]
vol.7  岡本敬子さんと行く鹿児島旅 [その2]

vol.8  アメリカ旅行で見つけたDIYパーツ
vol.9  お歳暮を贈る意味

福田 春美

セレク卜ショップのバイヤー、プレスを経て、アパレル企業のクリ工イティブディレクターを歴任。現在、EDIT LIFEディレクターの他、World のライフスタイル・ストア「Corte Largo」のストア&クリエイティブディレクションを担当。また愛媛のデリカテッセンなどのストアディレクション、香りとホームケアブランド「a day」の立ち上げ等を手掛けている。

EDIT LIFE NEWS

メールサンプル

EDIT LIFE のイベント参加先行予約やおすすめの商品情報を
週に1回程度、メールで配信しています。
購読をご希望の方はこちらから登録をお願いいたします。

お名前

メールアドレス