MY CART

EDIT LIFE TOKYOでは毎月2回、写真家、高橋恭司の写真私塾「E’cole de Takahashi」を開講しています。

12月19日(土)に開催される「写真術勉強会」の募集を開始しました。
次回のテーマは「ダダイズムと写真」です。

高橋恭司私塾『E’cole de Takahashi』
写真術勉強会Vol.03:「ダダイズムと写真」
日程:2015年12月19日(土)OPEN 14:30/勉強会 15:00〜17:30/CLOSE 18:00
参加費:¥3,000(当日お支払いください)
定員:15名 *どなたでもご参加いただけます。下記Peatixよりお申し込みください。
会場:EDIT LIFE TOKYO(東京都渋谷区神宮前2-27-6 TEL:03-5413-3841)

*参加費は当日お支払いをお願い致します。

【高橋恭司 写真術勉強会|今後のスケジュール】
第4回目:2016年1月30日(土)15:00開始

募集開始にあたって、前回の講義「ポップアート写真」について振り返ります。

奇しくもパリのテロの1週間後の勉強会になり、途中からテロの話に大きく影響されました。高橋は、芸術の死(ベンヤミン)以降の表現のひとつとして、ポップアートを考えているようです。ポップアートと死ということを伏線に話は始められ、「有名」というウォーホルが提起した問題に重ねるように、無差別テロの話に移っていきます。今回の勉強会にあたって用意されたのは、フランスの思想家ジャン ボードリヤールのテキストです。図版は、ウォーホル、ホッパー、ルシエ、ポルケ、リヒター、カプロー、ハミルトン。コマーシャリズムと表現の曖昧な領域を鋭く嗅ぎわける、批判性の強い作品が勉強会に提示されました。この先、そして現在、ポップアート以降、写真行為、及び表現は、どのようなことになっていくのでしょう。注意深く話は進められました。

写真私塾「E’cole de Takahashi」の講義内容は、写真を読み解くための「写真術勉強会」と、写真を撮るワークショップ「ロードムーヴィ」の2講座。「写真術勉強会」は毎回テーマを掲げて、高橋恭司がどのように写真と向き合っているのかを知ることで、写真をより深く読み解くための技術を学びます。

【E’cole de Takahashi】
写真を読み解く「写真術勉強会」

もし誰かがこう考えたとしよう、自分にとって写真が世界の中心で、写真のために人間が何ができるのかと。(それはまったくバカげたことなのだろうか?)

 

よく考えてみると写真が「世界の中心」ではまったくないし、「人間」というのが私やあなたではない。 けれど、しかし、だからといって、写真のために自分は動きだしたいと想ってしまう。

 

自分のこのような欲望を、まず異常だとしてもよいのだが、それだからといって、何だということでもない。 いったい自分以外のことを「何とかしたい」と関わることは、とくに不思議なことではない。

 

視点を変えると、そのように撮られた写真(あるいは、どのようにであれ撮られた写真)に、私やあなたは何を見るのであろうか。

 

私たちの目の前にぽっかり空いた窓のように、突然写真があるのだとしたら。私たちはその異物に対して「見る力」をつけなければなと思う。逆転した人間の発した暗号を今や解読する時がきた。「写真に捕らわれて撮る者」「空中に浮いた窓」その「暗号を受けとる者」という3つの事が考えられる。そのトライアングルに自分の身体を入れてみよう。そこには何かが開かれているのではないか?

 

—高橋恭司—

では、12月19日の講義にてお会いしましょう。

高橋恭司(たかはし・きょうじ)

55才、中年、長髪、白髪あり、ひげも。

革命に乗りおくれた最後のパンクス写真家。

池袋住在。

 

EDIT LIFE NEWS

メールサンプル

EDIT LIFE のイベント参加先行予約やおすすめの商品情報を
週に1回程度、メールで配信しています。
購読をご希望の方はこちらから登録をお願いいたします。

お名前

メールアドレス